結婚式のお祝いに 印鑑

印鑑の種類とそれを使う時

印鑑は、個人と個人、個人と会社での取引において、双方が納得した時に契約した証(あかし)として書類に捺印します。また、個人と会社は別々に分けて使います。
一番重要なのが、住んでいる自治体に登録する印鑑です。「実印」といいます。自分自身の証として使います。ですから、自動車や不動産(住宅、マンション、土地)の売買の際に記入する書類、ローンを組む時、遺産相続や会社設立時の書類、公正証書(契約書、遺言状など)を作成する時、公文書作成時、などです。相手が実印を要求してきた時に使用します。
銀行印は、金融機関に届け出る印鑑です。口座を開設する時、窓口で通帳からお金を引き落とす時、証券の契約時、クレジットカードを作る時、保険の加入時などに使います。以下に述べる認印と共同で使っている人もいます。
認印は、実印を使う時以外での簡単な契約書や申込書、受験票、履歴書、役所への転入、転出、転居、出生の届出書、国民年金や国民健康保険の手続きなどの時に使います。自分が認めたことを示すために押す印鑑です。
会社の印鑑は個人と区別するために、2重に枠が分かれています。使用する時は、上記の3本の印鑑とさほど変わりません。他に、会社が発行した書類であることを認める角印、帳簿や伝票などの文字の誤りの上に捺印する訂正印(簿記印)、契約の際に本証と控えの間に捺印する割り印があります。

イチオシ

意外と必要 シャチハタでは無く印鑑

普通に生活している時に便利なのはシャチハタタイプです。お届けものが届いた時や仕事先でも必要なシーンはたまに出てきます。しかしながら、印鑑を使う…

もっと読む

印鑑を探す楽しみ

私の苗字はかなり珍しい苗字で苗字数のランキングで1000位以内にも入りません。そのため印鑑は大体専門店で発注して購入し、今使っている印鑑も10…

もっと読む

印鑑は手軽に手に入るようになりました

印鑑というと色んな場面で必要となるものですが、今は100円ショップでも難しい苗字でなければ手軽に買えるようになりました。自分だけの印鑑をきちん…

もっと読む